iPodClassicの「SD化」は、千葉県四街道市のiFC千葉四街道店にお任せ下さい!!

こんにちは~本日は朝から雨で肌寒い1日でしたね。

9月に入り本格的に秋めいてきました。と言っても今年の夏は全く夏らしくなかったですが・・・

数年前にも冷夏で海水浴場の海の家が、商売にならないと言ったニュースを見た記憶があります。

この異常気象で地球はどうなってしまうのでしょうか・・・

異常なのは地球だけではありません!!当店でも異常事態発生中です。(汗)

何が異常なのかって!?

ここ最近、「iPodClassicの修理」が非常に増えてきております。

今回お預かりした端末も、千葉県成田市、印西市、千葉市と様々な地域よりご依頼頂いております。

本日もiPodClassicのSD化を3台同時に行いました。しかも1番開腹が難しい6.5世代、7世代です。(汗)

千葉四街道エリアで、iPodClassicの修理を行っているのは当店だけ!!なので。

当店にとってはご依頼が増えるということは大変ありがたいことですが、6.5世代、7世代の開腹は本当に大変なんですよ。

それでは作業開始です。

 

上記画像の3台をSD化していきます。

3台のうち1台だけ「128GB」にします。仕様の問題で6.5世代は「128GB」でリミッター掛かってしまうためです。

その他2台は「256GB」に改造しますよ。

それでは1台目からです。

 

はい、開腹完了です。こちらの端末は「256GB」に改造しますよ。

 

 

SDXCカードを組み込んだ後は、必ず復元作業が必要となります。

上記画像をご確認下さい。iTunes上でしっかりと256GBで認識していると思います。

 

 

続いて2台目です。こちらは「128GB」への換装です。

しかしここで問題発生です。開腹前に液晶画面が少し滲んでいたのですが・・・

 

ご覧ください、バッテリーが膨張していますね。開腹の際にケースの爪を外した際に「ポンッ!」と膨張したバッテリーが力を貸してくれました。(笑)

 

 

これではバッテリー交換が必要となるため、一旦作業を中断しお客様と相談です。

この後もう1台も無事に作業完了し、お客様に引き渡しました。

大変喜んで頂き良かったです。

このように当店ではiPodClassicの改造依頼が多く寄せられて来ます。

お手持ちのiPodClassicが「赤い✕」が表示されている、「リンゴマークから進まない」、「カチカチと音がしている」等でお困りの方、アナタのiPodClassicはハードディスクが故障しています。

でも大丈夫です。故障したハードディスクを取り外してSDXCカードを組み込みます。

SDカードには以下のようなメリットがあります。

★軽い

★読み込み速度が早い

★大容量に出来る

★省電力

★無音

発売から10年以上経過した古い機種も、しっかりと蘇りますよ。

お困りのお客様は、是非当店にご相談下さいませ。

全力で対応させて頂きます。

 

゚☆+.゚☆+゚☆+.゚☆+゚☆+.゚☆+゚☆+.゚☆+゚☆+.゚☆+゚☆+.゚☆+゚☆+.゚☆+

 

  iFC千葉四街道店 ~iPhone Fix Center~

   千葉県四街道市四街道1-4-9 ブルースカイタワー1F
  TEL:0120-638-119
 

゚☆+.゚☆+゚☆+.゚☆+゚☆+.゚☆+゚☆+.゚☆+゚☆+.゚☆+゚☆+.゚☆+゚☆+.゚☆+