iPadAir2の画面割れ修理ならJR四街道駅北口駅前通り沿いの【iFC千葉四街道店】にお任せ下さい。
迅速に対応させて頂きます。

 

皆様こんにちは、千葉県四街道市で営業中の総務省認定修理業者【iFC千葉四街道店】です。

今日の日中は強風に大雨と散々な1日でしたね(汗)

お陰で超暇な1日でしたよ・・・(大汗)

させ先日、八千代市勝田台よりiPad修理依頼がございましたので紹介させていただきます。

機種は、iPadAir2です。

iPadAir2の修理は、修理内容によってはとても高額になってしまう端末です。

今回の修理内容は「画面割れ修理」ですが、残念ながら高額修理確定です。

まずは画像をご覧ください。

上記画像がお預かり時の画像です。

表面のガラスが割れているだけで、動作には問題はありません。

通常であれば表面のガラスだけ剥離して貼り替える作業となりますが、iPadAir2の画面はガラスと液晶パネルが一体型となっているため、液晶パネルごと交換となるために高額修理となってしまうのです。

ちなみに「iPadmini4」も同様の部品構成となっていますので高額修理となります。

今回のご依頼者様は、即日修理をご希望されていてiFC直営店に依頼されたところ即日修理が出来ないということで次に近かった当店、千葉四街道店に問い合わせが入りiPadAir2の即日修理が出来るかとのことだったので出来ますよ~との回答から修理依頼に至ったという経緯です。

iPadAir2は、部品も高いことはもちろんなのですがハンダ付け作業も必要ということから、なかなか即日修理をしてくれるiPad修理店が無いことが現状ですね。

はい、いきなり修理開始画像になってしまいましたが上記機種の小さいパーツがハンダ付け作業が必要となるセンサーです。

このセンサーを移植しないと、「smartcover」を使用した際に動作しない状態になってしまうのですね。

はい、またまた移植完了の画像で申し訳ありません。

この小さいパーツをハンダ付けする際にはマイクロスコープが必要となります。

当店ではマイクロスコープを完備しているので、このような特殊作業もきちんと作業が出来るのです。

この小さなスリープセンサー用の4つのランドをハンダ付けするのですが、大変小さいランドのため細心の注意が必要となります。

上記画像はハンダ付けが済んだ状態です。

また移植するパーツは、スリープセンサーだけでなくホームボタン一式も移植する必要があります。

ホームボタンはご存知の通り、指紋認証に必ず必要となるため移植が必要です。

はい、ホームボタンの移植も完了し液晶パネルを貼り付けて作業完了です。

今回のように当店では、他店では出来ないような難易度の高い修理も積極的にお受けしております。

お困りの方は是非一度当店にご相談下さいませ。

全力で対応致します。

 

 

千葉のiPhone修理店 iFC千葉四街道店【総務省登録修理業者】

〒284-0005 四街道市四街道1-4-9 ブルースカイタワー1F
TEL:0120-638-119
HP:https://iphoneinzai.com/