皆様おはようございます、iPad修理でお馴染みのアイフォンフィックスセンター千葉印西店です。

本日は印西市より、iPad修理のご依頼がございましたのでご紹介致します。

機種は、iPad 第2世代です。

 

少々古い機種ですが、イヤホンジャックに異物が混入してしまったようです。

こちらの端末、印西市内のケーキ屋さんからのご依頼だったのですが、クレジット決済用に使用している端末のようです。

今のクレジット決済は、数十年前に比べると色々な業種での導入が可能となりました。

そして固定回線を使う必要がなく、スマホ、タブレットがあれば簡単に導入できてしまうのです。

当店でも、「楽天スマートペイ」を利用させて頂いております。

 

このクレジット決済に使用する際のカードリーダーが、会社によっては旧式のリーダーを使っておりイヤホンジャックにカードリーダーを接続しカードをスキャンさせる方式をとっています。

これもあと数ヶ月もすれば各社ICカード対応のリーダー(Bluetooth接続型)に変更する必要があるので、旧式のリーダーを使うのもあとすこしの時間となりますが、旧式とは言えどもこれが使えないと仕事にならないの修理依頼があったわけです。

 

IMG_2702 jack

 

ちょっとわかりにくいですが、右側の画像がイヤホンジャック内部をマイクロスコープで撮影したものです。

真ん中に白く光って見えるのが、イヤホンジャックに挿し込む金属の端子ですね。

すぐ近くに見えますが、これが一番奥にまで刺さっているのです。

ジャック自体を交換してしまうのが一番の方法と思いますので、交換作業に入ります。

 

IMG_2707

 

イヤホンジャックを取り外したところです。

iPadは、iPhoneに比べるとかなりの手間が掛かります。従って作業時間もiPhoneの倍以上掛かる場合がございます。

このことからiPad修理は受け付けない修理店もあるようです。

印西市内にあるiPhone修理店は当店を含めて3店舗ありますが、内1店舗はiPad修理は受け付けておりません。

もちろんiFCグループは、iPadだってiPodだって修理しますよ!!(笑)・・・ってどこだかわかっちゃいますね(汗)

でもそうやって言えるくらい、iFCグループは他所とは違うのです。

 

IMG_2708

 

さて話は飛んでしまいましたが、イヤホンジャックは無事に組み込みました。

しかし、何度か落下させているとお客様が仰っておりましたので、その際の衝撃によるフレームの歪みが目立ちます。

これでは新しいガラスを貼り直せないので、フレーム修正を行います。

 

IMG_2709

 

潰れた箇所を押し出してあります。ここから形を形成していきます。

ちなみに青いテープのようなものは、液晶パネルを保護するためのものです。

当然ながらガラスを貼りこむ際には剥がしますよ。

こうして無事に作業が完了しました。

このエリアではiPad修理店が非常に少なく、不便に感じられている方も多いと思います。

iFCグループは、iPad修理も対応可能ですので是非当店をご利用下さい。

全力で対応させて頂きます。

 

iPad修理アイフォンフィックスセンター千葉印西店

千葉県印西市小林3917-3

TEL 0120-638-119

 

只今当店では、ご不要となりました型落ちのiPhone・iPadを高額にて買取中です。

ご家庭で眠っているiPhone・iPadがございましたら、是非当店へお譲り下さい。

宜しくお願い致します。